先日びっくりしたことがあった。
シンガポールオフィスで勤務していた先輩が
たしか4年前くらいに日本へ帰国。
小学生くらいの娘さんが2人いるのだけれど、
シンガポールでは当然生まれたときから英語の環境。
パパもシンガポール人だったので家庭も英語の環境。

離婚して日本に帰って日本の学校のみに通い4年。
もうほとんど英語は忘れてしまっているのだそう..。

本当にびっくりした。

子どもって、吸収がとても早い分
新しい環境を鳩首して上書きしちゃうこともあるんだと。

相変わらず学校ではフランス語の授業。
フランス語の授業というより、
Global languageという授業の一環で
今は娘がフランス語に振り分けられているだけだと想像。

楽しそうに話してくれるけど
きっと使い続けない限り、忘れちゃうんだろうな~。
(フランス語話せる人は周りにいっさいおらず)
いつか大人になってこの日記を読んで
「ぇ?フランス語勉強してたの?」と驚くのだろう。

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村

投稿者

Yurayuki

タイにきてゆったり。お仕事見つけて働いて、うっかり結婚と出産。1人で気ままに暮らしてた海外生活と、子育てしながらの海外生活では見えるものがかわった。