トーマス・エジソンをご存知の方は多いと思います。
トーマス・エジソンの母のことを知ってる方も多いはず。

エジソンの母は、エジソンの数々の「なぜ?」という疑問に
エジソンが理解できるまで懇切丁寧に説明してたということで有名。

そうすることがいいことに違いないと
それはそれは痛いほどわかってるけれど
これは、なかなか簡単なことではない。
個性を伸ばして才能を伸ばすって、
頭ではわかってるけどこれも簡単なことじゃない。
何でもかんでもやたらと褒めまくったり
何をしても許すということでもない。

この後に書く、私が共有したいこの話を読んだとき
本当に複雑な思いになったのを覚えています。
一番悲しい思いをしたのはお母さんだったと思うのに
モンスターペアレントになって学校へ怒鳴り込むこともなく
何をすべきか、何をしてあげればいいのかということを
自分で考えてそれを実行した母の姿に強さを感じます。

私は英語で読んだので、そのままを載せますね。
どこで読んだか記憶にないのですが..。

One day, as a small child, Thomas Edison came home from school and gave a paper to his mother.
He said to her “Mom, my teacher gave this paper to me and told me only you are to read it. What does it say?”
Her eyes welled with tears as she read the letter out loud to her child…
“Your son is a genius. This school is too small for him and doesn’t have good enough teachers to train him. Please teach him yourself.”

Many years after Edison’s mother had died, he became one of the greatest inventors of the century.
One day he was going through a closet and he found the folded letter that his old teacher wrote his Mother that day. He opened it…

The message written on the letter was “Your son is mentally deficient. We cannot let him attend our school anymore. He is expelled.”
Edison became emotional reading it and then wrote in his diary:
“Thomas A. Edison was a mentally deficient child whose mother turned him into the genius of the Century.”
A positive word of encouragement can help change anyone’s destiny.

ある日、学校から帰ってきたエジソンはお母さんに1枚の手紙を渡しました。
「先生からお母さんだけ読むようにって渡されたんだけど、なんて書いてあるの」とお母さんに聞くエジソン。
お母さんは手紙を読みながら涙ぐんでエジソンにその手紙の内容を読み上げました。

「あなたの息子は天才です。うちの学校はあなたの息子にとっては小さすぎるし優秀な先生も充分いないのです。なのでお母さんが息子さんの先生になってあげてください。」と。

何年も経ってエジソンのお母さんは亡くなってしまい
エジソンは20世紀最大の発明家になりました。

ある日エジソンは、クローゼットの整理中に、折りたたんだ学校からの例の手紙を見つけます。
あの頃お母さんが読み上げてくれてたあの手紙には
こう書いてありました。

「あなたの息子は精神薄弱です。これ以上うちの学校に在籍することは許されません。退学処分です」と。

エジソンは何時間も泣いた後、日記にこう書いたそうです。
「トーマス・アルヴァ・エジソンは精神的に不完全な子どもでしたが、彼の母が彼を今世紀最大の発明家にしました。」

彼の伝記をいろいろと読ませてもらって感じたことは
今の時代で言うと、発達障害という位置付けになるような
ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)、
アスペルガー症候群的な感じだったのかもしれません。

いいお話ですが、そんな簡単なことではないと思います。
くじけそうになった時も何度もあったと思います。
愛だけではできないこともいっぱいあったと思います。

この記事を読んでいる方の中で、発達障害と診断されて
悩んだり苦しんでいる本人やご両親がいるかもしれません。

私は小学校の教員免許を取る際、障がい者学校での
教育実習を希望し、数か月学校で実習を受け
子どもたちやご両親と接する機会がありました。

そして今、自分も子育てをしている中で、
簡単に「愛情があれば」なんて言えません。
子どもを叱った後の罪悪感を感じたことも多々あります。

母だからって
いつも120%の愛と肯定する気持ちでいれるわけじゃない
でも、やっぱり、母にしかできないこと、
母だから効果があることは絶対にあるということは事実。

こんな話を読んで頭の片隅に置いておいて
ちょっとした時の何か軌道修正をするきっかけになれば。

私はこれを手帳に書いている。
これを読んだ後はなぜか娘にやさしくなれる。
(自分勝手)

でも、娘からの「なんで?」攻撃が始まると
「学校で先生にきいてみたらいいと思う!教えてもらったらまみぃにも教えてね!」
と努めて明るく言うことでせいいっぱい。
(だめじゃん)

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村

投稿者

Yurayuki

タイにきてゆったり。お仕事見つけて働いて、うっかり結婚と出産。1人で気ままに暮らしてた海外生活と、子育てしながらの海外生活では見えるものがかわった。