手洗いとアルコール消毒で、自分もみんなもまもりましょう~

甘い=美味しいタイは油断大敵

NO IMAGE

タイに住んでもう7年。
大抵の事には驚かなくなった。
というよりは、もう、もはや、
ちょっと変であることに気づきもしなくなった。
ここでは「変」ではなく「普通」なのだから当たり前。

私も性格が緩いほうなのであまりこだわりはない。
でも、甘いのはそもそも苦手でコーヒー中毒の私。

タイに住み始めた当初に気を付けていたことは
コーヒーを甘くしないで!と懇願すること。

いわゆるブラックコーヒーという概念がなかったタイ。
タイのご飯の3倍もするスターバックスに行けば大丈夫だけど
タイのカフェや、道端のコーヒー売ってる屋台なんかだと
「甘くしないで!」と言わないと、すごい甘さのコーヒー。

しかも「あまくしないで、砂糖入れないで!」とお願いし
じーーーっと作っているところを見張っていると
コンデンスミルクをとくとくといつまでも入れてる。

「甘いの入れないでって言ったよね」と聞くと
「ん?これはミルクだから」
「これも入れなかったら全然美味しくないから」と。

違うの違うの、入れないでほしいの。
コンデンスミルクは「甘いチーム」だから。
「ミルクのチーム」ではないの。私的には。

という、油断できない時間を毎日過ごしていた。
その部分に関してのタイ語だけは当初から上達が早くて
逆に自分でも驚いた。必死だな、私。と。

最近では、
タイのカフェでも甘さを聞いてくれるところができたり
1回言えば理解してくれたりという感じ。
外国人もさらに増えて、売る側も慣れてきたのかも。

先日、日本人が多く住むエリアでカフェに入ると
なんとメニューに「タイブラックコーヒー」なるもの発見。
ブラックコーヒーがメニューになるまでになったんだ。
しかも「タイ ブラックコーヒー」か。
もう、「甘くしないで」「何も入れないで」と言わなくてすんだ。
ふーん、と嬉しかった。

嬉しくて写真まで撮った。
そして飲んだら、すごく甘かった。
シロップが大量に入っていた。
色は真っ黒で確かにブラックコーヒー。
ちなみに隣のホイップクリームは娘のリクエスト。

仕方なく、少しでも味を紛らわすために
ドテラのレモンオイルを入れて飲みました。
体に良い飲み物を飲んでるということで。
http://yurayuraholistic.com/category/ホリスティック/page/3/

ブラックって、味じゃなくて色の事だったんだ。
まぎらわしい!逆にショックだわ。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

Pocket