昔一緒の職場で働いていた同僚2人が来タイ。

歳をとるにつれて
大人数の友人は疲れるので必要ないなと思うようになり
少人数でいいので
心許せる楽しい友人だけでいいと思うようになり、
どんどん交友関係は狭くなっているのに充実している。

今では、職場もまわりの環境も違うのに
歳も上と下では20歳ほども違うのにつながっている5人組。
私は上から4番目。

10年前は、飲んだり食べた旅行に行ったり
多少ハードなスケジュールの仕事も遊びもどーんとこい。
なのに、今は
「メニューの字が小さすぎて見えない!」
「この100円均一の老眼鏡はめちゃくちゃいい」
「この前の健康診断結果でひっかかった」
「前はもっと食べれたのに」
と口を開けば年を感じる発言。
でも、それをもまた笑い話にしながら笑う。

中学生や高校生がいじめで自殺したという記事や
学校になじめずに、友人もできずに引きこもりの記事。
そんな記事を見るたび
たとえいじめを止めれなかったとしても、
「今ここで友達できなくても全然大丈夫。
 大人になってからもっと大切な友人ができたりするんだ」
って、伝えてあげてほしいという思いにかられます。

こういう記事を読むたびに
いつか娘が私には言いたくないことができたとき
他に言える人がいればもちろんいいけれど
気持ちを文字に書いてみて、それを読んでもう1回考える。
そんなチャンスを自分でつくってくれることを願うばかりです。

この日記を書く行為が
いつか強い武器になってくれると嬉しいな。

友人たちが、来月の娘の誕生日にとプレゼントまで持参。
ありがたやありがたや。
なのに娘の日記は、隣のテーブルで祝われていた
他人の誕生日のこと..。なぜ。

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村

投稿者

Yurayuki

タイにきてゆったり。お仕事見つけて働いて、うっかり結婚と出産。1人で気ままに暮らしてた海外生活と、子育てしながらの海外生活では見えるものがかわった。