手洗いとアルコール消毒で、自分もみんなもまもりましょう~

どこまで褒めて伸ばすのか

NO IMAGE

昨今、
「褒めて伸ばす」
「自分を肯定するようになる」
ということがよく言われていますね。
例にもれず、インターナショナルスクールもそうです。

私なんか本当によく怒られて育ったものですが。
自分を肯定できているかと言えばちょっと不明。
変にポジティブなところもあるし
私なんかには無理だろうなと思うこともたくさんある。

こどもを無駄に怒ったり否定する必要はないと思いますし
自分の怒りの感情や不機嫌な感情をぶつけるというのは
別にこどもにだけじゃなくて、誰にでもすべきじゃないと思います。

ただ、やっぱり、注意すべき時に注意したり、
きちんと「だめだ」「違う」ということを伝えなきゃいけない時は
すごくたくさんの場面であって、大事だと思います。

「伝え方」「伝わり方」「受け止め方」を意識して
自分の言いたい言い方で、言いたいように言うんではなくて
「ちゃんと伝わる」「ちゃんと理解してもらう」
というゴールを見失わずに言わなきゃブレる。

特に言葉がわからない小さいときは、
「もうだめって言ってるでしょぉがぁ!」
なんて怒り狂って大声を出したとしても
言ってる意味は分からず怒りの感情しか伝わらない。
「これはダメなんだ」と分かっているわけではなく
怒りの感情が伝わってきてこわい、嫌だと思うだけ。

発言する前に「好きな香り」を吸い込むのは効果あります。
だまされたと思ってやってみてください。
イライラや怒りに効果のある香りはいくつもありますが
私のおすすめは、
言わずと知れた「ラベンダー」と、「ベルガモット」です。

さっと瓶をとって香って吸い込むのは緊急手段。
一番いいのは、ディフューザーで部屋全体に噴射しておくこと。
自分だけではなくて、子どもも落ち着きます。

試してみたいとご興味ある方はどうぞこちらへ。
https://www.mydoterra.com/amicable/#/
●「shop」押したら言語選べるので、とりあえず国内発送から進んでみてください。
製品検索でオイル名を検索したり、いろいろ見てみてください。
紹介者ID必要な場合は4416674使っていただいていいです
●「Recips」押したら他の人が考えた素晴らしく美味しそうなレシピあります。
料理好きな人はどうぞ。私は..料理下手です。

で、褒めて伸ばすということについて..。
娘は絵を書くのが大好きで常に常に描いているのですが
本当に、笑えるくらい、絵心がない。
でも「上手にかけたね」と言うので(言わざるをえない)
本人は勘違いしているのではないかと思うくらい
いつまでたっても上達しないというか、絵心がない..。

これって、そんなこと思うこと自体が伸びることを否定してるのか。
でもやっぱり、現実も見ないと勘違いした子になっちゃう。

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村

Pocket