手洗いとアルコール消毒で、自分もみんなもまもりましょう~

母の日は年2回

NO IMAGE

タイの母の日は女王様のお誕生日。
ちなみに父の日は王様の誕生になるので、
昨年亡くなった王様の誕生日は父の日ではなくなり
新しい王様の誕生日が父の日になります。
王妃様は国民みんなの母だよってこと。

タイの文化はとにかく母を大切にする文化なので
普段から母思いな行動が多いです。
特に母の日に出かけると特典が多いです。

食事に行くと写真を撮られ、撮った写真をすぐに
母の日おめでとう的な額縁に入れて無料でくれたり
割引きされたり、デザートをくれたり、などなど。
国を挙げて母の日を祝います。
何かプレゼントしましょう的な店の売り出しはなく
店の人達が、母と言われる人みんなにサービスしてくれます。

うちは旦那さんがタイ人なので、こっちメインで祝ってくれますが
子どもが母の足元にかしづき感謝の言葉を言うので
The日本人な私は、いやいやそんな…と恐縮…
心落ち着いて喜べないというか。気使うわっ。って感じ。

私ではないんですが、イメージはこんな感じ。

私はやはり日本の母の日の方が馴染みがあるし
日系幼稚園の時は日本の母の日に合わせて
母の日の工作つくって祝ってくれてました。
気を遣わずほんわかできるわ~。

ってことで、母として未熟な私も、
母の日を祝われることだけはベテランレベル

母になって母の気持ちを知ると、
母の日というのがただのイベントではなくなり
自分の母に本気の感謝を伝える日であり
本気で感謝されることが嬉しい日に早変わり。
不思議。

感謝の仕方は違っても、
感謝する気持ちは世界共通。

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村

Pocket