手洗いとアルコール消毒で、自分もみんなもまもりましょう~

インターナショナルスクールにママサンタ

NO IMAGE

引き続きインターナショナル2年目の心の準備をしていたら
(私が)
いろいろ思い出してきた
(そしてまたうっすら不安に)

タイにあるインターナショナルスクールなので
やはり圧倒的にタイ人の子どもも多い。

タイ人は本当に子ども好き。
本当に誰もかれも子ども好き。
タイに住んでるママ達は本当に助かってると思う。
子どもが泣こうが喚こうが迷惑そうにされることなんてない。
自分の子か他人の子か全く関係なくかわいがる。
そこは本当に愛すべきタイ人の魅力。

ただ、
可愛がる=甘やかす。
子どもが喜ぶことを!という精神なので
日本の感覚でのしつけとか常識的にとかいうのは
まさに対極にあると言っても過言ではない。

去年1年間、学校から
「学校ではヘルシーな物を食べるよう教えてます。
ヘルシーじゃないお菓子を子どもにあげないで」
といった内容の正式なレターが、
メール添付で何度もしつこく送られてきてた。
(なのに誕生日にハッピーセット持参する親あり)

私は普段迎えに行かないので(スクールバスでナサリー直行)
しつこいな..と他人事で流していたけれど
ある日、お迎えに行ってその理由が判明。
衝撃。

タイ人の子ども大好きな気持ちが
インターナショナルスクールで
どのように発揮されるのかというと

子どもたちをお迎えに来たママ達が、
クラスが終わった子供たちに、
お菓子やおもちゃを配る配る。

それが1人や2人じゃなく、
金持ちそうなママが配る配る。

別に誕生日でもないクリスマスでもない
なんでもない日なのに配る配る。

毎日サンタが来るインターナショナルスクール。

このママさんたち、レター読んでないのかな。
たぶん、学校側もキレてるよ。
さすがインターナショナルスクール。
文化の違いを実感。

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村

Pocket