インターナショナルスクールがまさかの2ケ月の夏休みということで
今臨時で行かせてもらっている、かつて3年半通った日系の幼稚園。
こじんまりしているところが大好きだし、何よりゆるいところが好き。
先生も親たちも無駄に張り切りすぎてちゃんとやろうとしている園だと
私的にはちょっと疲れるというか、メインはこどもだよとか思ったり
まぁインターナショナルスクールはそんな疲れる感じなんだけども。

ここはゆるいとは言え
(決してゆるさを売りにはしていない)
季節のイベントに合わせて工作。

私なんかはもうそれはそれは季節のイベントに無頓着すぎるので
幼稚園から鬼のお面を作って持って帰ってくると
「節分」
幼稚園からひな人形作ってもてかえってくると
「ひな祭り」
幼稚園から短冊持って帰ってくると
「七夕」
この幼稚園のおかげで日本文化感覚を取り戻してた。
感謝。

インターに通い始めてから初めての節分は、
節分の翌日に実家の母から聞かれた
「節分は豆まきしたの?」という質問に愕然という失態

今日の娘は下の学年の子とパズル遊びをした模様。

1学年1クラス、人数が10人ちょっとということもあって他の学年の子とも遊んで面倒見たり面倒みてもらったり
親だけでは教えられないことをたくさん学んだんだろうと思う。
いろんな親がいて考え方があっていろんな先生がいて
それでもやっぱり子育てを誰か一人だけでできるわけじゃない。
感謝。

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村

投稿者

Yurayuki

タイにきてゆったり。お仕事見つけて働いて、うっかり結婚と出産。1人で気ままに暮らしてた海外生活と、子育てしながらの海外生活では見えるものがかわった。