手洗いとアルコール消毒で、自分もみんなもまもりましょう~

学校選びは選択の連続

NO IMAGE

うちの娘はタイで生まれてタイで育っている。
私は日本で小学校教員免許を取得したものの
塾の先生以外で教師の仕事をしたことはない。

そんな中途半端な私。
しかも仕事してるので「効率よく」が毎日のテーマ。
じっくり子育てについて考えれないまま時は過ぎる。
本当に早く過ぎる。驚くほど。

タイは産休が3ヵ月。そこで復帰するしかない。
まだ首が座ってなかった気がする娘を預けて仕事

Neo Kids/ ネオキッズ
https://ameblo.jp/recrinflower-fromroses/entry-10292345323.html
ここは今でも学校終わったら私がお迎えに行くまで通ってます。
本当に助かる。
タイ語・英語で教育みたいに言ってはいるものの基本はタイ語で
英語はなんちゃって英語。きにしないけど。

レインボー幼稚園
https://www.bangkokmadam.net/ci/store/store/index/906
2歳から4歳の終わりまで通いました。
ここは本当に良かった。
ここの優しさとゆるさには癒されたし助けられた。
先生の定着率の高さは、この幼稚園の良さを表してると思う。
今どきの「素敵幼稚園」を気取ってなくて、あたたかい幼稚園からブレない。
毎日英語の授業、お料理やダンスの課外授業もある。

で、私の日本語教育スイッチが入ったのがここに通ってから。
その話はまた別途。

が、今のところ日本へ帰国する選択肢が低い私の生活にとっては
英語は必要だな…という心の声とともにインターナショナルスクールへ。

Bangkok Prep/ バンコクプレップ
http://www.bkkprep.ac.th/
1年生になってからだと英語力のテストなんかが高めにあるらしいので
年長さんから入ったほうが、どさくさにまぎれて入れるのではないかと。
結果、成功。アセスメント的なものはあったけど、そっと入園に成功。

うちの娘はまぁ、結構楽しんで行ってます。
幼稚園なので遊び半分で楽しいだけかもですが。

バンコクはインターナショナルスクールがピンキリで山ほどある。
日本人学校もタイの学校もある。
インターナショナルはトライアルで3日間とか通って見れたりするところもあって
これはもう好みで決めるしかない。

結局は、学校というより先生次第、
いや本人次第だと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村

Pocket